音響というのはかなり重要になります

常設の音響設備がないコンサート会場やライブあるいはイベント会場全般の音響設備の剪定をするということを商売にしている人がいます。音響というのは計算をされて物が配置されていたり建物自体もかなり計算されていることになってます。音というのは真っ直ぐ飛ぶということもありますし弾き飛ばされるということもありますので反響というのはまさにその意味にふさわしい言葉と言えるでしょう。音の反射の仕方によって当然ではありますがきかたというのも変わってくることになります。

 

コンサートなどがどうしても聞き取りやすい所とそこまで音がしっかりと通らないところなども場所としてできてしまうのでそれを少しでも緩和するようにと計算して配置をしたりすることがあるわけです。単純に周りにスピーカーを置くというだけでもあるのですが、そうではなくあえて何もしないということもあります。喩えばオペラハウスなどはあくまで内部の音響のみでやっています。